FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織姫と彦星 

正月、下の子が帰ってきました

そんなに話し相手になってくれるわけでもなく
食っちゃ寝の正月を過ごしてくれたわけですが
それでも、久しぶりに会えた我が子にメロメロな母です

指折り数えてみると
同居しない限り、年に数える程しか会えない
ヘタしたら年に5,6日?
そして自分があと何年生きられるか考えると

100日もない
もしかしたら50日に満たないかもしれない

これは衝撃的な事実です

男の子だし
大きくなって離れていくのはしょうがない
いつまでたっても離れないよりいいですが

ただただ、子供のころのべったり感が懐かしくなります

自分には家族というくくりが片手で済んでしまっているので

寂しさ感が何割増しか

年に一回七夕デートの織姫と彦星
その気持ちが十分すぎるほどわかります


なにはさておき

あけましておめでとうございます

今年は片手で収まるぐらいでいいから
いいことがありますように
嫌なことも片手で収まるぐらいで済みますように


なかなか更新もお返事も思うようにいきませんが
皆様よろしくお願いたします

Comments

あけましておめでとうございます♪

本年もよろしくお願い致します (*^-^*)

あけまして おめでとうございます。

我が家も男の子なので、数年後には旅立っていくんですよね。。。
中学生なので、ベッタリではないですが。
一緒に過ごせる時間って、貴重なんですよね。

今年もよろしくお願いします。

Re: あけましておめでとうございます♪

りんさんへ
 なかなか更新ままなりませんが
今年もよろしくお願いします
生暖かく見守ってください

Re: タイトルなし

huukuさんへ
 あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします
地方によっては地元で学んで地元で就職して
結婚するまで親と同居
というパターンもあるようですが
我が家はそうなりませんでした
男の子は大きく育ってしまうと、仲良しでもいつまでもいっしょにはいられません
〈マザコン扱いで婚活に響きます〉
一緒にいすぎると当たり前すぎて寂しい気持ちわかないかもしれませんね

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://hitorikiridayo.blog89.fc2.com/tb.php/1307-b976dc67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。