FC2ブログ

懐かしさともやもやと 

幽麗塔
大阪にいるときTSUTAYAのレンタルで途中まで読んでました

おどろおどろしい
怪しい世界のお話

すごっく気になってましたが
入院やら引っ越しやら・・・

長い時間かかって・・・・

最近近所のリサイクル本屋で見つけて
1~4が1冊100円がセールで半額!!
勢いで買って、すごく面白かったので
続きを探して全部揃えました

原作というかもとになったのは黒岩涙香という作家
聞いたことないし名前から見て最近の若い作家さんかな?と思ったら

凄い昔のすごい先生でした
江戸川乱歩より前の人でした

あくまで原作で、漫画家さんが話を作っていくんですが

ドツボにはまりました

乱歩を読んだ時の懐かしさ、ワクワク感

あの感じがよみがえってきます

乱歩も横溝正史も読んだけど
黒岩涙香って実際聞いたことなかったよ

すごくもったいない気分

新しい本次々出てるけど
私はやはり自分が若いころ読んでた本が一番好き

読み返したいし、新しくも読んだりしてみたい

ただもう、私の目がもうついていけない
老眼進んで読み辛いのと
長文解読が難しくなってきたこと

本が読めないってことは本当に悲しい

命の火が少しづつ消えていくのをひしひしと感じます
何気ない日常に
少しづつ力が衰えていく
まだ老年という歳ではないのだけど

からだ鍛えないと
このままではあかん!!

まだまだ本読みたいし漫画も読みたい

あぁ、このくじけてる弱気どこかいってしまえ!

スポンサーサイト