FC2ブログ

クリスマス 

メリークリスマス

といって、いつもと変わらない日々なんですが

先週買っておいたチルドでレンジでチンのチキン
冷凍のポテトも用意しました

今日はスーパーで小さいおやつ用の賞味期限今日中のケーキも買って

ケーキはお昼ご飯に食べたのだけど


なんでだろう?
ケーキってこんなだった?と思うぐらい
美味しくない

安いと言っても、大きさも小さいし妥当な金額だと思う

美味しくない

星一徹のちゃぶ台返しのように
美味しんぼの雄山先生のように
まずい!!と地面に叩きつけたかったのよ
我慢して食べましたが

何日ぶり?何週ぶり?何か月ぶり?
そんなケーキでしたが




昔昔のクリスマス
子供たちと分け合った
スーパーに山積みされてたケーキだけど
あのケーキは美味しかったなぁ


山積みされた特設場でのケーキ販売
そういえば永くみていないなぁ


口直しにコンビニスイーツ食べたいけど
連れていってと言えないから我慢


何食べても、心からおいしいと言える食事が
ここずっと食べられてない

老化による味覚異常なのかしら


かろうじて、かっぱえびせんは美味しいと思えます

スポンサーサイト



ハッピーターン 

週末、買い物に行き
通常の買い物+クリスマス用チキン〈レンジでチン〉
正月の黒豆、まだ安いのがあるかまぼこ〈年末に買うと1個1000円近いのしか残ってないから早めに用意しました〉

いつものようにエコバッグ2つ用意したけど
足りなくて
お店に置いてある段ボールもらって
詰めることになりました

そこで見つけた段ボール
ハッピーターンの段ボール

自分は今まで気づかなかったけど
これって受験のお守りキットカットとかと同じ
縁起物じゃなかろうか?

あぁ、次は私にハッピーが来るように願いを込めて


これは資源回収に出さずに
子供に食糧送るときに使おう

次は君が幸せになる番と

今まで不運、失敗ターンばかりだったけど
次は私ハッピーターンだから!!


ただ、ハッピーターンの段ボールはちょっと小さめで
あまり大きいハッピーは送れない模様

物の価値 

ふとした加減で
昔の記憶が波のように押し寄せる

どどーん!とくるのではなくて
満ち潮のようにじわじわ

その記憶というのも
大したものじゃない

大抵は20代のころの情報
思い出じゃなくて情報!!

エイリアンの映画のデザインをしたギーガーの画集
読んだ物語の漠然としたあらすじ、もしくはその一部
キレイだった誰かの画集、等々

今でこそ欲しいものは何でも簡単に手に入ります
苦労して探さなくても
アマゾンでポチすれば
ランプの魔王のごとく
私の望む程度の物は簡単に出してくれます

私の記憶が揺れる場所〈時〉は
欲しいものは探して、探して
雑誌などで情報を得ていざ大阪へ!!
そしてありそうな店を探して・・・・

でも当時はお金もそんなになく
大阪へ行くだけで4000円近く飛んじゃいましたから
望むモノのほとんどは手に入らなく
店先で見つけて、運が良ければ中身が見れた・・・
そんな時代でした

モノにあふれかえってる現代
探す情熱なく安易になんでも手に入れられる現代

どっちが幸せなんだろう?
ふと思ったりします


本を読むにしても
最近のはどうも受け付けない
薄っぺらいというかあざといというか、
重くもなく、深い
余韻にひかれる
いい話に巡り合えません

電話番号はケータイが記憶してくれる
電車の時間はケータイで調べられる
わからないことはパソコンで、スマホで・・・・

何かの力が
人から思考力を失くそうとがんばってる
そんな気がします
ムーの信者ではないが
徐々に思考力を奪っていって
日々洗脳されてる気がしてならない
何者かに

そう考えると
昔の記憶が湧き出てきて
冒頭の状態になるわけです

思い出すものが
自分の経験ではなく
自分の目で見たもの、脳で感じたものというのが悲しい


大人になっても一人ぼっちは辛い♫

停止 

Aという上着を着る
Bというパンツをはく

洗濯

Cという上着にDというパンツ

A、B、乾く

C,Ⅾ洗濯
A,B着る


この何日かの出来事

他に着るものあるのに
めんどくさくてこの繰り返し

ユニクロのダウンベスト最高


あまりの変化のなさに時が止まった気がした

からだは徐々に、緩やかに歳とっていくのに
頭の中が止まってる

感情がわかない

だめやん

SOSも発せられなければ
誰にも発せられない

暗闇で大きく手を伸ばしても
何の存在も感じない大きな虚無感とでもいうか

鬱なんやろなぁと自覚するも
近所の病院には
他の科でかかったことあるけど
まるっきり信頼感わかない
ほかの選択肢がみつからないので
止まる
ただ止まる

考えるということができなくなっています

何のため私は今ここにいるのだろう?